国分桃代

翠ヶ丘教会音楽夕礼拝      2014年3月16日     

みなさま、国分桃代さんが、日本に一時帰国されます。

3月16日(日)午後18時より19時半まで日本キリスト教団翠が丘教会の音楽夕礼拝で奏楽されます。

最寄り駅は、小田急線相模原駅になります。

ヨハン・ゼバスチャン・バッハ/コラールパルティータ「喜び迎えん、慈しみ深きイエスよ」BWV768

や、ベルギー生まれのオルガニストで作曲家でもあったセザール・フランク(フランス人に帰化した)

の祈り「Priere」などを演奏されます。

場所の詳細は右記をご参照ください。http://www.midorigaoka.jp/

〒252-0312 神奈川県相模原市南区相南2−25−65

最寄り駅小田急相模原駅

入場無料

3月16日 音楽夕礼拝のちらし


霊南坂教会水曜チャペルコンサート          2013年10月23日

毎週水曜日のお昼(12時半から12時55分)に、コンサートを開催されています。

入場無料ですが、国内外の著名なオルガニストが演奏されることが多いです。

今回は、一時帰国中の国分桃代さんが演奏されます。オルガンはドイツ・ベッケラート社製(1986年)の3段手鍵盤です。

東京のど真ん中、六本木でパイプオルガンの響きに暫し癒されるのはいかがでしょうか?

11月30日は、恵泉女学園大学オルガニストの関本恵美子先生も演奏されます。

 


「ベルギーのオルガン音楽」 国分桃代   10/26(土) 恵泉女学園大学チャペルコンサート

 

恵泉女学園大学では、チャペルにあるオルガンで年に3回、チャペルコンサートを開催されています。

2013年度の第1回は、ミューザ川崎のホールオルガニストで作曲家でもある近藤岳さんが演奏されました。

第2回は、国分桃代さんが、ベルギーのオルガン音楽をテーマに、日本ではあまりなじみのない作曲家のオルガン曲を

演奏します。ベルギー在住のオルガニストである国分さんだから表現できる、ベルギーのオルガン音楽をお楽しみください。

 

日時: 2013年10月26日(土曜日)  14時開演

場所: 恵泉女学園大学チャペル    東京都多摩市南野2-10-1

曲目: アルファオンス・マイー   ソナタ ニ短調

ブノワ・メルニエ      トッカータほか

多摩センター駅からは、スクールバスがあり、便利です。

今年度第3回のチャペルコンサートでは、恵泉女学園大学准教授でオルガニストである関本 恵美子先生が演奏されます。

どの回も楽しみなチャペルコンサートですので、詳細は下記、HPからご参照ください。

恵泉女学園大学チャペルコンサート  http://www.keisen.ac.jp/institution/christianity/concert/

 


国分桃代&グザヴィエ・ドゥプレ「バッハとニ短調を巡る オルガン・デュオ・リサイタル」 4/15

みなさま、大変お待たせいたしました。

待望の国分桃代さんとグザヴィエ・ドウプレさんのコンサートチラシデータをいただきましたので、

ご紹介させていただきます。

日時は、2013年4月15日(月曜日) 19時開演(18時半会場)

場所  武蔵野市民文化会館

国分さんのご希望で、今回のコンサートは、ご来場いただいた方全員に良いオルガンの響きを楽しんでいただくために、

全席指定で限定200席になります。

是非、お早目にチケットをお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

チケットは、マーキュリーまたは、武蔵野市民文化会館の窓口で取り扱いしております。

トリオソナタクラブ会員の方には、当日、受付にて、特典DVDをプレゼントいたします!!

          


Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.