オルガンコンサート

2/9 「Widor & Vierne 2人のオルガン交響曲の饗宴」 in 新宿文化センター 

今回は、私の大好きなオルガニストのお一人、高橋博子さんからすてきなコンサートのご案内をいただきました。

日本でオルガンコンサートというと、まだまだバッハ、バロック時代の曲が演奏されることが多いですが、

今回のコンサートでは、セザールフランクに続き、近代フランスオルガン音楽を代表する2大作曲家兼オルガニストの曲を

弾き比べてくれる、とても贅沢なプログラムです。

演奏される大ホールのオルガンも、フランスもののためのオルガンと言われているので、シンフォニックなオルガン音楽を

充分にお楽しみいただけると思います。立春もすぎても寒さが厳しく春が待ち遠しい時期ですが、土曜日の夜、

オルガンコンサートに行き、心を温めるのはいかがでしょうか?

~ウ゛ィドール&ウ゛ィエルヌ 二人のオルガン交響曲の競演~

2/9(土) 19時開演@新宿文化センター大ホール

〓:一般\2000、新宿区民\1000(全自由席)

お問い合わせ:0333501141

曲目:Ch.-M.Widor《Symphonie
op.73 – Romane》, L.Vierne《1re
Symphonie op.14》

新宿文化センターHP http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=31977

ここから、高橋博子さんからのメッセージです。

「フランス近代のオルガン史を代表する二人の交響曲をそれぞれ取り上げます。ウ゛ィドール最後の交響曲とウ゛ィエルヌ最初の交響曲です。

師弟であり友人でもある二人。ウ゛ィドールは、ウ゛ィエルヌの結婚式で彼のこの《交響曲第1番》最終楽章“フィナーレ”を弾いてお祝いしてあげたそうです。

“Romane ロマーネ”とは建築のロマネスク様式のことで、交響曲《ロマーネ》は、フランスのトゥールーズにある聖セルナン教会のバシリカをイメージして作られました。そして、この教会にあるカウ゛ァイエコル・オルガンこそ、新宿文化センターに設置されたオルガンのモデルなのです。

名器の血脈に連なるオルガンで、二人が紡いだ音色をお楽しみください。

お誘い合わせの上、お立ち寄り頂けましたら幸いです。

高橋博子」


国分桃代&グザヴィエ・ドゥプレ「バッハとニ短調を巡る オルガン・デュオ・リサイタル」 4/15

みなさま、大変お待たせいたしました。

待望の国分桃代さんとグザヴィエ・ドウプレさんのコンサートチラシデータをいただきましたので、

ご紹介させていただきます。

日時は、2013年4月15日(月曜日) 19時開演(18時半会場)

場所  武蔵野市民文化会館

国分さんのご希望で、今回のコンサートは、ご来場いただいた方全員に良いオルガンの響きを楽しんでいただくために、

全席指定で限定200席になります。

是非、お早目にチケットをお買い求めくださいますようお願い申し上げます。

チケットは、マーキュリーまたは、武蔵野市民文化会館の窓口で取り扱いしております。

トリオソナタクラブ会員の方には、当日、受付にて、特典DVDをプレゼントいたします!!

          


チャリティオルガンコンサートのご案内 (7/16, 東日本大震災被災地復興支援)

オルガニストでありながら、聖ヨハネホスピスで音楽療法士としてもご活躍されている

米沢陽子先生から嬉しいコンサートのご案内をいただきました。

海の日の午後のひととき、宮城県の海を思いながら、歌とオルガンを楽しまれませんか。

 

***************

 

東日本大震災被災地復興支援オルガンチャリティコンサート

 

日時:2012年7月16日(月・海の日)15時開演(14時30分開場)

 

会場:カトリック聖アンセルモ目黒教会(目黒駅より徒歩3分)

 

入場料:2000円(全席自由)

 

出演:米沢陽子(オルガン)

   Coro Ahirunorgano(合唱指揮:新見準平)

 

J.S.バッハ『クラヴィーア練習曲集第3巻』より

J.H.シャイン『カンツィオナール』より

 

米澤先生からコメントをいただいております。

「このたび久しぶりの自主企画のオルガン演奏会を、東日本大震災被災地復興支援

チャリティコンサートとして開催する運びとなりました。

(チラシのリンク)

http://www.ops.dti.ne.jp/hosp/wk/7-16-omote.jpg

http://www.ops.dti.ne.jp/hosp/wk/7-16-ura.jpg

 

今回はJ.S.バッハの『クラヴィーア練習曲集第3巻』を取り上げます。前奏曲、ミサ

(キリエとグローリア)、大教理問答、小教理問答、デュエット、フーガ、合計27曲か

ら成るこの大規模な作品集は、バッハ自身の信仰宣言とも言える非常に神学的にも内容

の深いものです。この中から、前奏曲、10のコラール、フーガを今回は取り上げます。

これらの作品はいずれもドイツ語コラールに基づいて作曲されておりますので、今回は

このコンサートのために特別に結成された合唱隊により、オルガン演奏に先立って、コ

ラールが歌われます。歌われるコラールは、バッハより約100年前に中部ドイツで活躍

したJ.H.シャイン(1586-1630)編纂の『カンツィオナール』というコラール合唱曲集

所収のものです。シャインの作品では『イスラエルの泉』がよく知られておりますが、

『カンツィオナール』が取り上げられる機会は少ないでしょう。 

 

なお、コンサートの収益金は「びっきこども基金」と、カトリック塩釜教会を通し

て、被災地支援に役立てられます。

(寄付先の詳細につきましては、チラシをご参照ください)

ご多用中、まことに恐縮ではございますが、響きの豊かな教会で、オルガンと合唱の

調べをお楽しみいただき、大変幸いに存じます。

天候不順の折り、どうぞご自愛ください。

米沢(鏑木)陽子」


Go for 石巻!! 「オルガン ワールドカップ」 in ゆらぎ   7月21日(土曜日)

今日は、石巻「遊楽館」のオルガニスト後藤 香織さん(ご自身も仙台出身)の東京でのオルガンコンサートご案内です。

昨年3月11日に起きた東日本大震災後から、石巻のオルガンとオルガン仲間のために、海外のオルガニスト仲間、音楽仲間に声をかけられ、精力的に国内外でチャリティーコンサートを企画、開催されています。

(詳細は後藤さんのブログをご覧ください。「ORGANの香り」 http://ameblo.jp/kaorgel/

後藤さんの行動力(伊豆にいくような感覚で明日にはヨーロッパにいる)、人間力(まわりの人が後藤さんと一緒に活動したくなるお人柄)、オルガンへの情熱で、今回もすばらしいお仲間と共演されます。

BCJでもご活躍されている長岡さんのヴィオリン、岩本さんの美しいお声、L・ギエルミ氏も認めるJorge Garcia Martinさんの

即興演奏、後藤さんとのオルガン連弾などがあり、とても楽しめるプログラムになっています。

東京近辺にお住まいの方は、コンサートを楽しむだけなく、東北のオルガン状況、石巻のオルガンについても伺える機会になると思います。

土曜日の夜、音楽好きなお仲間をお誘い合わせの上、お出かけになってみませんか?

また、コンサートにお出でいただけない方も、「オルガンでつながろう。友達の輪」の

思いで、石巻のオルガンのためにご支援を、どうぞよろしくお願い申し上げます。

振り込み先『仙台オルガン協会Organ Friends』仙台七十七銀行(普通)286-5307864

 

日時: 7月21日(土曜日)  19時(18時半 開場)

出演: 後藤香織(オルガン), 岩本久美(メゾソプラノ), 長岡聡季(ヴァイオリン),Jorge Garcia Martin(オルガン)

演目: Italy♥ Sonata la Leona/ C.Gussago (1550-1620)

Germany♥ Toccata dmoll BWV565/ J.S.Bach (1685-1750)

Wien♥ Fuga/ W.A. Mozart (1756-1791)    他

場所: 音楽室「ゆらぎ」   〒175-0094  東京都板橋区成増4-18-21

TEL&FAX 03-5968-4599

詳細、チケットのお申込みは、音楽室「ゆらぎ」HPhttp://www.yuragi-music.com/concert/salon/index.html#c20120721

をご参照ください。

後藤 香織さんから、今回のコンサートについてコメントをいただいております。

「故郷で、大好きな人達が安否不明となり・見慣れた景色が壊れる。

その経験から1年が経っても、まだ『Charity』が必要だ(何も変わっていない)と思います。

今回の共演者・長岡聡季さんは、石巻市「遊楽館」の演奏会&講習会にも来てくれた事がある人です。

Jorge Garcia Martinさんは、スペインのお菓子と共に、震災後に同館に来て、即興音楽会をしてくれました。

岩本久美さんとは、昨年から、何度も「復興支援演奏会」を一緒にして来ました。

震災の記憶を音に刻み、素晴らしい仲間と共に、この企画を続けたいと思います。

後藤香織」

私も応援を続けていきたいです!!


「ようこそバッハの世界へ(2台のオルガンと歌でつづるバッハ物語)」

千葉県習志野市にある習志野文化ホールで、聖徳大学音楽部オルガン科の松居直美教授と勝山雅世講師、オルガン門下生の森亮子さん、ソプラノ歌手の紺野さくらさん(聖徳大学大学院博士後期課程修了)が、歌とオルガンでつづる物語形式のすてきなコンサートを下記のとおり開催されます。

日時: 2012年7月14日(土曜日) 14時開演(13時半開場)

出演: 松居直美、勝山雅世、森 亮子(オルガン)

紺野さくら( ソプラノ&ナレーター)

入場券(全自由席) 1500円

詳細は、http://www.tokyo-concerts.co.jp/index.cfm?lang=jp&menu=concertsdetail&id=180

をご参照ください。

 

夏休み前のひととき、バッハの豊かな世界を親子で楽しめるプログラムになっております。

習志野文化ホールには、1978年にベッケラ―ト社製のパイプオルガン(3段手鍵盤、49ストップ)が設置されて以来、

国内外の著名なオルガニストがコンサートを開催されています。

千葉県内ホールで唯一、パイプオルガンを所有している習志野文化ホールで、日本を代表するオルガニストでいらっしゃる

松居直美教授の演奏を生で聴ける絶好の機会です。

是非、お近くの方は、皆さまお誘いあわせの上、お出かけになってはいかがでしょうか?

 

今回、主催される松居教授からコンサートについてのコメントをいただきました。

「夏の午後に習志野文化センターでオルガンの響きを楽しみませんか?

バッハの名曲を2台のオルガンとソプラノでお聴きいただきます。

大きなオルガンと、小さなオルガンのアンサンブルや、ソプラノの

素敵な歌声、ちょっとしたサプライズもご用意しています。ぜひ、いらしてください!」


祝東京スカイツリーオープン!「1万人のベートーヴェン・ザ・634」オルガンの音色でも、お祝いします!!

東京スカイツリーオープンとトリフォニーホール開館15周年、新日本フィル創立40周年を記念して、

墨田トリフォニ―ホールで、特別コンサートが5月29日、30日、31日と3日間(午後3時と午後7時30分から)、計6公演が開催されます。

スカイツリーの高さ634mを意識して、ベートーヴェンの交響曲第6番(田園)、第3番(英雄)、第4番を

オーケストラで演奏しますが、毎日、交響曲とリンクしたオルガンの音色もたっぷり楽しめる

「一粒で2度美味しいコンサート」(意味:オーケストラの名曲とオルガン曲を楽しめる)

になっています。詳細は、墨田トリフォニーホールのHPでご確認ください。http://www.triphony.com/concert/20120529topics.php

 

ドイツ・イエームリッヒ社製のオルガンを、日本を代表するオルガニストのお一人である室住素子さんが華やかに奏でます。

室住さんは、長年、水戸芸術館の音楽部門主任学芸員を務められ、東日本大震災で被害を受けたオルガンの再開コンサートでも

4月30日に水戸芸術館で演奏されています。

また、日本の主要なオーケストラや、サイトウキネンオーケストラとも数多く、国内外で公演を重ねられています。

 

今回のコンサートのオルガンプログラムに関して、室住さんから、貴重なコメントをいただきましたので、下記にご案内します。

5/29 (火曜日)

スカイツリー完成をお祝いしたくて、最初にファンファーレで始まるギルマンの「凱旋の大合唱」を弾きます。

オルガンに飾りのようについてる「星形のシンバル」もきらきら回転させます。

2曲目は、スカイというキーワードから、バッハの「イエスよ、今汝御空より降りきたりて」を選びました。

3曲目「ウェストミンスターの鐘」は、イギリスのビッグベン(96.3m)からスカイツリーへ、お祝いの鐘の連打です。

 

5/30 (水曜日)

冒頭のコンチェルトは、ワイマールの貴公子ヨハンエルンストの曲をバッハがオルガンで弾けるようにしたもの。

音の階段をこれでもか、これでもか、と登っていくのが、スカイツリー建設にそっくりです。

この日、新日フィルは「英雄」を演奏するので、2曲目はオルガン曲で英雄とつくものの中から、とっても華やかなボネ「英雄的なカプリース」をえらびました。

 

5/31 (木曜日)

最終日のテーマは「明るい未来への祈り」としたいと思いました。

ヴィドールのトッカータで明るく始め、ボエルマンの「ノートルダムの祈り」で静かに祈り、終曲J.アラン「リタニー」で枠をうちやぶった、新しい時代への祈りを重ねます。

 

今の日本は、少し元気がなく、何かと暗いニュースが多いですが、東京、お江戸の新しいシンボルになる

スカイツリーをオルガンファンも、お祝いしませんか?是非、みなさまでお出かけください。

 

追伸、、、、31日は、私ごとではありますが、アシスタントを務めさせていただくことになり

私も墨田トリフォニ―にいます。みなさま遊びにいらしてください^-^


オルガンサロンコンサート in ベアータ

東京の江戸川橋にガルニエの小型オルガンがある、隠れ家的なすてきなスタジオがあります。

オルガンレッスンや練習でご利用になっている方も多いと思います。

 

オルガニストとしてコンサート活動をこなす一方で、指導者としても母校や立教学院でご活躍をされている永瀬 真紀さんが、オルガンコンサートを下記のとおり、開催されます。立春を過ぎても、まだまだ寒い日々が続きますが、永瀬さんのすてきな演奏と、笑顔で心温まる日曜の午後をお過ごしになりませんか?

 

永瀬真紀さんから、今回のコンサートについて、次のようなコメントもいただきました。

「今回のコンサート会場は、限定25人という小さなスタジオですが、落ち着いた雰囲気で安心できる、とても居心地のよいところです。そんなところにある小さな楽器で、オルガンコンサートをさせて頂くことになりました。

このオルガンで何が弾けるか可能性を探っているうちに、弾きたい曲が見えてきました。

私のお気に入りの曲ばかりです。スペインの古いものからフランスの近現代まで幅広いジャンルをお楽しみ頂けると思います。

みなさまお時間がありましたら、ぜひどうぞスタジオにいらしてください。お待ちしております。」

                   記

日時: 2月26日(日曜日) 14時、 17時 (2回公演)

場所: BEATA   東京都新宿区山吹町261 トリオタワーサウス6F 

                 Tel&Fax:03-6317-8916

出演: 永瀬 真紀

詳細は、右記HPにお問い合わせください。BEATA http://www.ab.auone-net.jp/~beata/ 

—曲目—

    F.コレア・デ・アラウホ:第4旋法によるティエント

    J.アラン:ドリア調コラール

    J.S.バッハ:いと高きところの神にのみ栄光あれ BWV 664

    ほか

限定25席/要予約 (茶菓付)

3500円/ペア6500円/小中学生2000円


オルガンは踊る Dance Dance Dance in 秋田

秋田アトリオンホールで、11月22日(火曜日)19時より、舞踊と音楽に焦点をあてたコンサート<オルガンは踊る Dance Dance Dance>が開催されます。

1日ごとに深まる秋の夜に、オルガンと舞踊を一緒に楽しまれるのはいかがでしょうか?

日時:11月22日(火曜日) 19時より

出演: 香取智子, 小松真由美、田代友美、柏屋千秋、連弾(飯塚美奈、佐々木尚子)
村泉舞踊団

曲目:ラフマニノフ 鐘、ギ・ボヴェ サラマンカ、J.アラン 3つの舞曲より喜び、チャイコフスキー くるみ割り人 形より、バッハ パッサカリアetc.

下記、コンサートを企画、公演されるオルガニストの香取 智子氏からのコメントです。

「モダンバレーの川村泉舞踊団とのコラボレーション、踊りにかかわるさまざまな曲、

舞曲に連なるオルガンのオリジナル曲をお聴きいただきます。秋田はモダンバレーの

盛んなところ。川村泉さんもそんな伝統の中で活躍するおひとり。コラボはバッハの

小フーガとコラール編曲2曲です。やはりバッハはすべての人々の心を捕えるようですね。

そして、チャイコフスキーの、<くるみ割り人形>や浅田真央さんが氷上で舞った

ラフマニノフの<鐘>。J.アランやギ・ボヴェといった現代の作曲家の手になる

ユニークなオルガン作品も。最後は有名なバッハのパッサカリア。

パッサカリアは、もともとは踊りでした。<踊り>という芸術の原点に思いを馳せながら、さまざまな曲を

お楽しみいただければ幸いです。」

また、香取智子氏のブログ「オルガンマンが行く|音楽のソムリエ」http://19255985.at.webry.info/にも

コンサートについて掲載されていますので、併せてお楽しみください。


東日本大震災チャリティーコンサート Vol.4 in 会津若松市

このコンサートは、主に東北エリア(福島・仙台・山形・青森を中心)、また関東圏で演奏活動、指導者として活躍されている竹佐古 真希さんが主催企画されています。

すでに、8-9月に3回のチャリティコンサート(いわき・郡山・白河)を終えられ、11月に4回目のチャリティーコンサートを開催されます。

東日本大震災では、津波、地震による被害が甚大でしたが、福島県の方は、更に原発事故により、何重もの苦しみを今なお抱えていらしゃいます。今回は、福島県会津若松市にある教会で下記の通り開催されます。福島で、福島のために支援活動をしているオルガニストのコンサートを、このHPでも「オルガンの輪」で応援していけたら嬉しいです!!

日時: 11月26日(土曜日) 14時開演

場所: 日本聖公会 若松諸聖徒教会

演奏: フルート 佐藤 眞人

ポジティフオルガン 竹佐古 真希

入場無料(当日、自由献金)

お申込み、問合せは、

クロイツ芸術学院 024-938-4388

白河教会(竹佐古)0248-24-0309

 


フランツ・リスト バースデー・コンサート in 所沢 

今年は、リスト生誕200年のメモリアルイヤーです。リストというと、華やかで超絶技巧のピアノ曲を思い浮かべる方が多いですが、美しいオルガン曲もたくさん残しています。

このコンサートは、震災の影響で今年1年、公演が中止となった川崎ミューザで企画されたコンサートでしたが代替公演で所沢市民文化センターミューズで開催されます。オーディションで選ばれた4人の個性輝くオルガニストが共演します。

秋の深まりを楽しみながら、土曜日の午後、「がんばれ川崎ミューザ」と祈りながら、所沢の大オルガンの響きを聴きに

足をお運びになるのはいかがでしょうか?

フランツ・リスト バースデー・コンサート

出演: 石橋 薫、 森 亮子、 三上 郁代、 長田 真実

日時:10月29日(土) 15時開演(14時半開場)

会場: 所沢市民文化センター ミューズ アークホール

チケット料金: 全席指定 ¥1,000

お問い合わせ: ミューザ川崎シンフォニーホール 044-520-0200


Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.