オルガンコンサート

第2回スタジオMGartenオルガンコンサート      6月29日(日曜日)14時

みなさまお待たせしました。浅草橋にあるスタジオMGartenで、すてきなオルガンと歌のコンサートが開催されます。 今回は、主宰者でオルガニストの森亮子さんとソプラニスタの木村友一さんが共演されます。木村さんは、オープニングコンサートでも 出演されていました。その美しい声と森さんの奏でるオルガンの響きは、本当に素晴らしい ハーモニーを奏でます。みなさまのご来場をお待ちしております。

詳細は、下記をご覧ください。

20140629Mgartenコンサート

    日時:           6月29日(日曜日)14時より(13時半開場)

    場所:           スタジオMGarten  台東区浅草橋2-18-4   JR浅草橋駅 徒歩5分

    出演:   オルガン 森 亮子         ソプラニスタ 木村 友一

     プログラム: ジローラモ・フレスコバルディ  トッカータ集第2巻より「トッカータ第6番」

          J.S.Bach 狩りのカンタータより「羊は安らかに草を食み」  他

    入場料:1500円

    お申し込み: http://m-garten.com     問い合わせ: e-mail  info@ryoko-organ.com

主宰の森さんから、今回のコンサートについてメッセージをいただきました。

ご挨拶

 

スタジオM Gartenは、オルガン奏者・オルガン愛好家のみならず、オルガン音楽に触れる機会のなかった方々のためにオルガンを知ってもらう場所として展開していきたいとの思いから昨年10月にオープンいたしました。

これまで、オープニングコンサートや、オルガン見学会そして今年3月にはオルガン・ソロによるコンサート実施してまいりました。

そしてこの度、629日に第2回のスタジオM Gartenオルガンコンサートとして、「バロック音楽の魅力バロック音楽は難しくない!?」と題し、バロック音楽をテーマにしたコンサートを企画いたしました。

 

バロックという名前を聞くだけで「難しい」、「聞きづらい」、「眠くなる」というイメージかもしれません。しかし、その魅力を一度感じると、その音色の虜になりより深く知りたいと感じることでしょう。

今回のコンサートでは、ソプラニスタの木村友一氏を迎え、バロック時代のイタリア、イギリス、ドイツの声楽とオルガン作品を楽しんでいただけるよう、幅広いプログラムで構成します。曲の合間には作品にまつわる楽しいお話も予定しております。


オルガンコンサート  国際基督教大学礼拝堂   2014年6月14日(土)15時

高橋博子さんが、ICUの礼拝堂でオルガンコンサートを下記のとおり開催します。サントリーホールと同じ、オーストリアのリーガー社の

パイプオルガンです。同じコラール「来たれ、聖霊」のモチーフで、3人の有名な作曲家が作った曲の聴きくらべは大変、興味深いと思います。

 

日時: 6月14日(土)  15・00~16:30

場所: 国際基督教大学礼拝堂   問い合わせ先は、国際基督教大学宗教センター http://subsite.icu.ac.jp/smc/organconcert.html

演目: S.シャイト 「来たれ、創り主なる聖霊」

J.S.バッハ 「来たれ、聖霊」BWV651&652

N.de グリニ 「来たれ。創り主」

Ch.トゥルヌミール 「神秘的オルガン」より「聖母被昇天」


オルガン・メディテーション    東京カテドラル     2014年5月9日19時

カトリック東京カテドラル関口教会マリア大聖堂で、夕方にあるオルガンメディテーションです。

イタリアのマショーニのオルガンの響きを聴ける貴重な機会です。

日時:  5月9日(金) 19時~19時45分

演奏曲: G.フレスコバルディ「トッカータ第4番(第2巻より)」

W.A.モーツアルト  「アンダンテKV.61.)」

J.ブラームス    「おお汝、義なる神op.122-7」

J.ラングレー    「3つのグレゴリオ風パラフレーズop.5」より「死と再生」「テ・デウム」


オルガンコンサート             2014年6月21日(土)14時

6月21日(土)日本基督教団西千葉教会でオルガンと歌のコンサートが下記、チラシの通り開催されます。

お近くにいらっしゃる方は、お勧めのコンサートです。

オルガンソロは、メンデルスゾーンのオルガンソナタ第3番や、スウェーリンクやバッハのコラール、

メゾソプラノの野尻弘子さんとの教会カンタータは、お2人の息のあった素晴らしい演奏が期待できます。

入場無料ですが、東日本大震災支援のコンサートです。ご協力をどうぞよろしくお願いいたします。

日時:6月21日(土)14時から

場所: 日本基督教団 西千葉教会

出演: オルガン 香取 智子  メゾソプラノ 野尻 弘子

詳細は右記、コンサートチラシでご確認ください。コンサートチラシ

 

 


翠ヶ丘教会音楽夕礼拝      2014年3月16日     

みなさま、国分桃代さんが、日本に一時帰国されます。

3月16日(日)午後18時より19時半まで日本キリスト教団翠が丘教会の音楽夕礼拝で奏楽されます。

最寄り駅は、小田急線相模原駅になります。

ヨハン・ゼバスチャン・バッハ/コラールパルティータ「喜び迎えん、慈しみ深きイエスよ」BWV768

や、ベルギー生まれのオルガニストで作曲家でもあったセザール・フランク(フランス人に帰化した)

の祈り「Priere」などを演奏されます。

場所の詳細は右記をご参照ください。http://www.midorigaoka.jp/

〒252-0312 神奈川県相模原市南区相南2−25−65

最寄り駅小田急相模原駅

入場無料

3月16日 音楽夕礼拝のちらし


大人のためのクリスマスコンサート   2013年12月20日(金曜日)19時半    At スタジオ M Garten

10月6日のスタジオお披露目会も、無事に盛況に終えることができました。いよいよスタジオMGartenが動きはじめます。

どうぞよろしくお願い申しあげます。早速、ちょっとお洒落な大人のためのクリスマスコンサートを下記のように開催いたします。

当日は、コンサートの合間にワインもお楽しみいただけます♬

お申し込みは、右記E-mail  info@ryoko-organ.com

または、スタジオMGartenのHPからお申し込みください。みなさまにお目にかかるのを楽しみにしております。

「大人のためのクリスマスコンサート」

日時:12月20日(金曜日) 19時半(19時開場)   チケット 3000円(飲み物代込み)

場所:スタジオMGareten   台東区浅草橋2-18-4

演奏: 森 亮子(オルガン) 小木曽 実奈(ソプラノ)

曲目: 私を泣かせてください Hendell.G.F

愛の喜びは      Martini.G

アヴェ・マリア     Gounod

慕わしい人の名は(リゴレット) G.Verdi

復讐の心は地獄のように胸に燃え(魔笛) W.A.Mozart  他

大人のためのクリスマスコンサート

 

 


オルガンスタジオ開設お披露目ミニコンサート        2013年10月6日(日曜日)

ブルーベルの森で応援させていただいているオルガニストの森亮子さんが、都内にオルガンスタジオを開設することになりました。

ドイツ製の手鍵盤3段、11ストップのパイプオルガンを常設し、プロ・アマ問わず、個人練習その他にご利用できます。

今後、講習会、リサイタルなども開催予定です。私もお手伝いをさせていただいております。

下記の通り、オルガンスタジオM-Gartenのお披露目イベントがあります。入退場自由、入場無料ですのでお気軽に

いらっしゃいませんか?オルガンを試弾していただくことも可能です。

準備の都合上、お立ち寄る方は、弊HP上の問い合わせメールにてご連絡いただけますでしょうか?

みなさまにお目にかかるのを楽しみにしております。下記、森亮子さんからのご案内状です。

 

パイプオルガンとピアノのある音楽スタジオM Gartenを開設することになりました。

すでに8月より、オルガンレッスンを開始しておりますが、みなさまにも、このスタジオをいろいろな形でご活用していただきたいと考えております。つきましては、スタジオお披露目会を下記のとおり開催いたします。

当日はオルガン、フルート、歌によるお披露目ミニコンサートもする予定です。

入退場は自由になっております。どうぞお気軽にご来場いただきますようお願い申し上げます。    森 亮子

開催日時:  2013年10月6日(日曜日)  14時から17時

場所:    台東区浅草橋2-18-4   スタジオM Garten

JR総武線浅草橋駅西口より徒歩3分

地下鉄都営浅草線浅草橋駅4番出口より徒歩4分

スケジュール:

14時               開演(13時半開場)

14時15分~15時     ミニコンサート   森 亮子(オルガン)  東海林くみ子(フルート) 木村優一(ソプラニスタ)

15時               茶話会、内覧会、利用についてのご相談会

17時               終了予定

大変お手数ですが準備の都合上、9月25日までにメールにてご都合をご連絡いただけますでしょうか?

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております

敬具


パイプオルガンワールドにようこそ~おはなしオルガン「ロバの王子」~   8月23日

夏休みは、お子様向けのオルガンコンサートやオルガンについて楽しんでもらう企画が、各地のホールで開催されています。

聖徳大学SOA音楽研究センターでも、グリム童話「ロバの王子」の朗読に、オルガンの音楽と映像を重ねたおはなしオルガンコンサートが

開催されます。また終演後、ご希望のお子様は、実際にパイプオルガンを弾く体験コーナーがあります。

夏休みの自由研究にお困りのお子様や、ピアノやエレクトーンなど鍵盤楽器を履修しているお子様には、貴重な体験となると思います。

要予約で、コンサートもパイプオルガン体験も限定40名ですので、ご興味のある方は、お急ぎください。

日時: 8月23日(金)10時半より  要予約

場所: 聖徳大学川並香順記念講堂

詳細は、右記、データをご参照ください。http://www.seitoku.ac.jp/daigaku/music/mrc/mrc13/porgworld130823.pdf

 


オルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」  9/4(水)

9月最初にある、すてきなリサイタルのご案内です。

新宿文化センターの専属オルガニストである高橋博子さんが、9月4日にオルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」というオルガンリサイタルを開催します。

これは今年の1月に開催された「ウ゛ィドール&ウ゛ィエルヌ 二人のオルガン交響曲の競演~浪漫派物語」

に続くリサイタルです。今回は、浪漫派フランスオルガン音楽を代表するオルガニストであり作曲家である

ルイ・ヴィエルヌの作品だけを演奏するという、フランスの浪漫派オルガン音楽ファンには、たまらないプログラムです。

日時:      9/4(水) 19時開演(18時半開場)

場所:      新宿文化センター大ホール

チケット料金:  一般\2000円、新宿区民\1500円(全自由席)

お問い合わせ:   0333501141(新宿文化センター)

曲目:       24の幻想的小品集より 「アンダンティーノ」「大聖堂」「朝の歌」「水の精」「月の光」「亡霊」ほか

オルガン交響曲 第3番

詳細は、新宿文化センターHPをご参照ください。  http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=47895

ヴィエルヌは、セザール・フランクやヴィドールという師匠に恵まれ、即興演奏の才能も高くいろいろな困難をのりこえノートル・ダム大聖堂のオルガニストとして長年活躍しました。生涯の最後も演奏中に迎え(オルガニストの理想!?)、足鍵盤の1つの音だけが聖堂内に響いていたという有名なエピソードもあります。

幻想的小品集には、とても美しい曲がたくさんありますが、英国のWestminster(英国国会議事堂)にある時計塔(ビッグベン)のチャイムのメロディをモチーフとしたウェストミンスターの鐘(Carillon de Westminster)というオルガン曲があります。日本人であれば、全国の小学校の放送チャイムでおなじみの「キンコンカンコン」がモティーフになっています。またヴィエルヌの「月の光」は、ドビュッシーの「月の光」と並んで、幻想的で美しい曲なので、今年の秋は、名月を眺めながら聴いていただきたいです。そしてオーケストラにも負けない壮大なオルガン交響曲を、今から楽しみにしています。がんばれ、高橋博子さん。応援しています!!

9月4日は、まだ残暑が厳しいころかもしれませんが、是非、みなさまお誘いわせの上、お出かけください。

 

 

 

 

 

 

http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=47895


「ベルギーのオルガン音楽」 国分桃代   10/26(土) 恵泉女学園大学チャペルコンサート

 

恵泉女学園大学では、チャペルにあるオルガンで年に3回、チャペルコンサートを開催されています。

2013年度の第1回は、ミューザ川崎のホールオルガニストで作曲家でもある近藤岳さんが演奏されました。

第2回は、国分桃代さんが、ベルギーのオルガン音楽をテーマに、日本ではあまりなじみのない作曲家のオルガン曲を

演奏します。ベルギー在住のオルガニストである国分さんだから表現できる、ベルギーのオルガン音楽をお楽しみください。

 

日時: 2013年10月26日(土曜日)  14時開演

場所: 恵泉女学園大学チャペル    東京都多摩市南野2-10-1

曲目: アルファオンス・マイー   ソナタ ニ短調

ブノワ・メルニエ      トッカータほか

多摩センター駅からは、スクールバスがあり、便利です。

今年度第3回のチャペルコンサートでは、恵泉女学園大学准教授でオルガニストである関本 恵美子先生が演奏されます。

どの回も楽しみなチャペルコンサートですので、詳細は下記、HPからご参照ください。

恵泉女学園大学チャペルコンサート  http://www.keisen.ac.jp/institution/christianity/concert/

 


Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.