コンサート

《ふれあい塾あびこレクチャーコンサート Diva-Ranger Concert》  10月23日(木)

Diva-Ranger のお1人である、赤レンジャーこと美音さんからすてきなコンサートの案内をいただきました。

美しい7色の声をお楽しみいただけると思います。

日時:1023()14:00開演/13:30開場(15:30終演予定)

場所:けやきプラザ・ふれあいホール
JR常磐線 我孫子駅 南口より徒歩1
千葉県我孫子市本町3-1-2けやきプラザ2階 TEL0471652881

チケット:自由席¥1,000

出演:女声アンサンブル Diva-Ranger

曲目:トルコ行進曲
トゥモロー(ミュージカル「アニー」より)
マイ・ウェイ

唇は黙っていても(オペレッタ「メリー・ウィドー」より)
赤とんぼ 他

Diva-Rangerのオフィシャルサイト  http://settevoci.himegimi.jp/index.html




栄光のフランス古典音楽~4人の愉しみ~

チラシ表

チラシ表

チラシ裏

チラシ裏

 

日時:2014年8月2日(土)13:00開場 13:30開演
会場:松本記念音楽迎賓館

出演:
佐藤駿太(バロック・ヴァイオリン)
釣巴留香(フラウト・トラヴェルソ)
山根健一(ヴィオラ・ダ・ガンバ)
上羽剛史(チェンバロ)

曲目:
J-M.ルクレール:ヴァイオリンと通奏低音のためのソナタ集第4巻より第6番
J-M.オトテール:2つの高音楽器のための組曲第1番
M.マレ:ヴィオル曲集第5巻より「膀胱結石手術図」
G.P.テレマン:6つの組曲からなる新しい四重奏曲集より第2番
J-P.ラモー:コンセール用クラヴサン曲集より第4番、第5番

全席自由:一般2,000円 学生1,500円
チケットお問い合わせ asakofiev1953@gmail.com

 


第2回スタジオMGartenオルガンコンサート      6月29日(日曜日)14時

みなさまお待たせしました。浅草橋にあるスタジオMGartenで、すてきなオルガンと歌のコンサートが開催されます。 今回は、主宰者でオルガニストの森亮子さんとソプラニスタの木村友一さんが共演されます。木村さんは、オープニングコンサートでも 出演されていました。その美しい声と森さんの奏でるオルガンの響きは、本当に素晴らしい ハーモニーを奏でます。みなさまのご来場をお待ちしております。

詳細は、下記をご覧ください。

20140629Mgartenコンサート

    日時:           6月29日(日曜日)14時より(13時半開場)

    場所:           スタジオMGarten  台東区浅草橋2-18-4   JR浅草橋駅 徒歩5分

    出演:   オルガン 森 亮子         ソプラニスタ 木村 友一

     プログラム: ジローラモ・フレスコバルディ  トッカータ集第2巻より「トッカータ第6番」

          J.S.Bach 狩りのカンタータより「羊は安らかに草を食み」  他

    入場料:1500円

    お申し込み: http://m-garten.com     問い合わせ: e-mail  info@ryoko-organ.com

主宰の森さんから、今回のコンサートについてメッセージをいただきました。

ご挨拶

 

スタジオM Gartenは、オルガン奏者・オルガン愛好家のみならず、オルガン音楽に触れる機会のなかった方々のためにオルガンを知ってもらう場所として展開していきたいとの思いから昨年10月にオープンいたしました。

これまで、オープニングコンサートや、オルガン見学会そして今年3月にはオルガン・ソロによるコンサート実施してまいりました。

そしてこの度、629日に第2回のスタジオM Gartenオルガンコンサートとして、「バロック音楽の魅力バロック音楽は難しくない!?」と題し、バロック音楽をテーマにしたコンサートを企画いたしました。

 

バロックという名前を聞くだけで「難しい」、「聞きづらい」、「眠くなる」というイメージかもしれません。しかし、その魅力を一度感じると、その音色の虜になりより深く知りたいと感じることでしょう。

今回のコンサートでは、ソプラニスタの木村友一氏を迎え、バロック時代のイタリア、イギリス、ドイツの声楽とオルガン作品を楽しんでいただけるよう、幅広いプログラムで構成します。曲の合間には作品にまつわる楽しいお話も予定しております。


オルガンコンサート  国際基督教大学礼拝堂   2014年6月14日(土)15時

高橋博子さんが、ICUの礼拝堂でオルガンコンサートを下記のとおり開催します。サントリーホールと同じ、オーストリアのリーガー社の

パイプオルガンです。同じコラール「来たれ、聖霊」のモチーフで、3人の有名な作曲家が作った曲の聴きくらべは大変、興味深いと思います。

 

日時: 6月14日(土)  15・00~16:30

場所: 国際基督教大学礼拝堂   問い合わせ先は、国際基督教大学宗教センター http://subsite.icu.ac.jp/smc/organconcert.html

演目: S.シャイト 「来たれ、創り主なる聖霊」

J.S.バッハ 「来たれ、聖霊」BWV651&652

N.de グリニ 「来たれ。創り主」

Ch.トゥルヌミール 「神秘的オルガン」より「聖母被昇天」


オルガン・メディテーション    東京カテドラル     2014年5月9日19時

カトリック東京カテドラル関口教会マリア大聖堂で、夕方にあるオルガンメディテーションです。

イタリアのマショーニのオルガンの響きを聴ける貴重な機会です。

日時:  5月9日(金) 19時~19時45分

演奏曲: G.フレスコバルディ「トッカータ第4番(第2巻より)」

W.A.モーツアルト  「アンダンテKV.61.)」

J.ブラームス    「おお汝、義なる神op.122-7」

J.ラングレー    「3つのグレゴリオ風パラフレーズop.5」より「死と再生」「テ・デウム」


オルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」  9/4(水)

9月最初にある、すてきなリサイタルのご案内です。

新宿文化センターの専属オルガニストである高橋博子さんが、9月4日にオルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」というオルガンリサイタルを開催します。

これは今年の1月に開催された「ウ゛ィドール&ウ゛ィエルヌ 二人のオルガン交響曲の競演~浪漫派物語」

に続くリサイタルです。今回は、浪漫派フランスオルガン音楽を代表するオルガニストであり作曲家である

ルイ・ヴィエルヌの作品だけを演奏するという、フランスの浪漫派オルガン音楽ファンには、たまらないプログラムです。

日時:      9/4(水) 19時開演(18時半開場)

場所:      新宿文化センター大ホール

チケット料金:  一般\2000円、新宿区民\1500円(全自由席)

お問い合わせ:   0333501141(新宿文化センター)

曲目:       24の幻想的小品集より 「アンダンティーノ」「大聖堂」「朝の歌」「水の精」「月の光」「亡霊」ほか

オルガン交響曲 第3番

詳細は、新宿文化センターHPをご参照ください。  http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=47895

ヴィエルヌは、セザール・フランクやヴィドールという師匠に恵まれ、即興演奏の才能も高くいろいろな困難をのりこえノートル・ダム大聖堂のオルガニストとして長年活躍しました。生涯の最後も演奏中に迎え(オルガニストの理想!?)、足鍵盤の1つの音だけが聖堂内に響いていたという有名なエピソードもあります。

幻想的小品集には、とても美しい曲がたくさんありますが、英国のWestminster(英国国会議事堂)にある時計塔(ビッグベン)のチャイムのメロディをモチーフとしたウェストミンスターの鐘(Carillon de Westminster)というオルガン曲があります。日本人であれば、全国の小学校の放送チャイムでおなじみの「キンコンカンコン」がモティーフになっています。またヴィエルヌの「月の光」は、ドビュッシーの「月の光」と並んで、幻想的で美しい曲なので、今年の秋は、名月を眺めながら聴いていただきたいです。そしてオーケストラにも負けない壮大なオルガン交響曲を、今から楽しみにしています。がんばれ、高橋博子さん。応援しています!!

9月4日は、まだ残暑が厳しいころかもしれませんが、是非、みなさまお誘いわせの上、お出かけください。

 

 

 

 

 

 

http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=47895


「ベルギーのオルガン音楽」 国分桃代   10/26(土) 恵泉女学園大学チャペルコンサート

 

恵泉女学園大学では、チャペルにあるオルガンで年に3回、チャペルコンサートを開催されています。

2013年度の第1回は、ミューザ川崎のホールオルガニストで作曲家でもある近藤岳さんが演奏されました。

第2回は、国分桃代さんが、ベルギーのオルガン音楽をテーマに、日本ではあまりなじみのない作曲家のオルガン曲を

演奏します。ベルギー在住のオルガニストである国分さんだから表現できる、ベルギーのオルガン音楽をお楽しみください。

 

日時: 2013年10月26日(土曜日)  14時開演

場所: 恵泉女学園大学チャペル    東京都多摩市南野2-10-1

曲目: アルファオンス・マイー   ソナタ ニ短調

ブノワ・メルニエ      トッカータほか

多摩センター駅からは、スクールバスがあり、便利です。

今年度第3回のチャペルコンサートでは、恵泉女学園大学准教授でオルガニストである関本 恵美子先生が演奏されます。

どの回も楽しみなチャペルコンサートですので、詳細は下記、HPからご参照ください。

恵泉女学園大学チャペルコンサート  http://www.keisen.ac.jp/institution/christianity/concert/

 


オルガンエンターテイメント6  山口綾規   in みなとみらいホール  2013/7/31

今年の夏も、山口綾規さんが、理屈なしにオルガンコンサートはこんなに楽しい!!というコンサートを開催します。

場所は、横浜みなとみらい大ホール。昨年末のクリスマスコンサートも完売されたので、残席僅かだと思います!!

あるオルガン関係の方から、「大ホールでのオルガンコンサートを満席にできる若手オルガニストの1人」と絶賛されてました。

夏の夜をオルガンの音色で楽しまれませんか?(ちなみに私もチケットを事前にお願いしております^-^)

 日時:2013年7月31日(水) 18:30開場 19:15開演
場所:横浜みなとみらいホール 大ホール
演奏:山口 綾規

入場料:一般¥2,500 学生/65歳以上/¥1,500(全席指定)
Miraist Club(横浜みなとみらいホール友の会)会員¥2,300
プログラム:〜みなとみらいの夜空を彩る名曲集〜
L.ハーライン/星に願いを
G.F.ヘンデル/組曲「水上の音楽」第2番より
J.シュトラウスⅡ世/喜歌劇「こうもり」序曲
J.S.バッハ/トッカータ、アダージョとフーガ ハ長調 BWV564 ほか

詳細は右記アドレスでご参照ください。 http://www.yaf.or.jp/mmh/schedule/detail.php?s_y=2013&s_m=07&ev=3819&c_y=2013&c_m=7#scroll_2012001346

 


たかつ サロンDEコンサート 2013年7月21日(日曜日)

オルガンとバロックヴァイオリン、フレッシュな音大生による無料のデュオコンサートです。

日時:2013年7月21日(日) 12:10~12:45

会場:高津市民館談話コーナー(JR南武線・武蔵溝ノ口駅 または東急田園都市線、大井町線・溝の口駅 徒歩3分 ノクティ2・11F)

曲目:H.I.F.v.ビーバー 「ロザリオソナタ」より第2番「訪問」
   G.F.ヘンデル オペラ「セルセ」より「オンブラ・マイ・フ」
   J.S.バッハ  カンタータ147番よりコラール(主よ人の望みの喜びよ)
   J.S.バッハ  目覚めよ、と我らに呼ばわる物見らの声BWV645
   他

出演:石川友香理(オルガン)、佐藤駿太(バロック・ヴァイオリン)

たくさんのご来場をお待ちしております!!


桐朋学園 古楽器科の生徒によるコンサート

近江楽堂ランチタイムコンサートに、桐朋学園大学古楽器科の学生が出演します。

日時:3月19日(火) 一回目 12:30〜13:00/二回目 13:30〜14:00 入場料無料 要整理券※

会場:東京オペラシティ3F 近江楽堂

曲目:
・J.オトテール〈デュオ ロ短調〉
・A.ヴィヴァルディ〈コンチェルト ト長調〉
・T.メルラ〈チャッコーナ ハ長調〉
・J.S.バッハ〈トリオソナタ ト長調〉

出演:釣 巴留香 伊藤 泰子 荒井 豪 吉崎 恭佳 佐藤 駿太 守屋 有紀
松本 亜優 上田 朝子 上羽 剛史 舟本 由美子

※整理券の配布は11:30からです。(先着100名)


Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.