ホーム » Webマガジン"Orgue" » WebマガジンVol.4号  みんなの思いは東北へ。つながれオルガンの輪!!

WebマガジンVol.4号  みんなの思いは東北へ。つながれオルガンの輪!!

みんなの思いは東北へ。つながれオルガンの輪!!

2012年も早2ヶ月が過ぎ、「2011年3月11日」から、1年を迎えることになりました。

みなさまお元気にお過ごしでいらっしゃいますか?

本日、Webマガジン第4号をご案内いたします。

今回は、大きな苦しみや悲しみを乗り越えて、各地でオルガンを通して、真の復興にむけて御尽力されているオルガニストの方がたの活動紹介です。今後も、ずっと応援していきたいすてきな方がたです。

☆3月3日  礼拝と音楽 特別企画「福島の祈り」    於)福島 郡山教会

☆3月18日       石巻市『遊楽館』開館7周年記念演奏会           於)宮城県石巻市  遊楽館こもれびフォーラム特設ステージ 

      「復興の響き~音楽の花束~」

☆4月29日、30日  「東北へ行こう!2012」    於)仙台市各会場

 

1. 3月3日に、日本基督教団が出版されている専門誌「礼拝と音楽」主催の特別礼拝が、福島の郡山教会で、開催されました。

福島の方々は、地震、津波に加えて原発事故による目に見えない放射能にも苦しんでいらっしゃいます。

式文には、福島県内の日本キリスト教団の教会のみなさまから寄せられた「嘆き、叫び、祈り」の文が盛り込まれています。
PDFファイルを添付いたしますので、是非、みなさまお読みになってください。

福島の祈り .indd

福島の人の深い悲しみ、つらさがストレートに伝わり、心が痛みましたが、同時に前に向って生きていく芯の強さ

にも感銘を受けたました。同時代に生きる人間として、福島の方々気持ちに寄りそう責任があると思いました。

 

特別礼拝で奏楽された竹佐古 真希さんは、福島県在住のオルガニストで、震災直後からさまざまな形で、復興支援に

ご尽力されています。

今回の特別礼拝で奏楽され、「震災によってさまざまに傷つき断絶させられた場面も多くあったと思いますが、このように親しく想いをわかちあえる仲間が与えられ強まったこと、心から感謝をしています。願わくば皆さまともわかちあえますように。」

とご自身のブログでも語られています。

この特別礼拝は、Ustreamで配信され、ご覧になることができます。

http://www.ustream.tv/channel/makitakesako

 

☆3月18日  石巻は仙台から電車で1時間のところですが、津波で大きな被害を受けた場所です。

石巻市には、2005年に総合文化施設「遊楽館」が完成し、ホール前の吹き抜けのロビーには、パイプオルガンが

設置されています。(ホールは震災の影響で現在も使用不可)

3月11日の大震災で、オルガンも被害を受け、会館は避難所として利用されながら、楽器の修理をされ、

今年1月からオルガンコンサートが再開されたそうです。

後藤 香織さんは、国内外で演奏活動をされるオルガニストでいらっしゃいますが、この遊楽館からオルガン事業を委託され、今までにもオルガン講座や、オルガニストを招へいしオルガンコンサートを企画されています。

後藤さんは、持ち前のバイタリティーと行動力で、震災直後から、日本にとどまらず、各地で支援活動をされ、石巻の遊楽館のためにご尽力されています。「秋田オルガンかわら版の会」の仲間である後藤さんから、いよいよ3月18日にオルガンコンサートを開催されるという嬉しいお知らせをいただきました。是非、みなさまにご案内させていただきたいと思います。

日時: 3月18日(日)  14時

場所: 遊楽館 こもれびフォーラム特設ステージ    宮城県石巻市北村字前山15番地1

演奏: Maurizio Croci   解説とMC: 後藤 香織

詳細は、遊楽館HPをご覧ください。http://www.city.ishinomaki.lg.jp/yuugakukan/ibentinfo/tsudoi.jsp

後藤さんから、このコンサート開催に向け下記のメッセージをいただきました。

「2011年3月11日から、今日まで。心の痛み&生活の不自由さを抱えながら、石巻市『遊楽館』は、音楽文化の復興を目指して来ました。ORGANの修理までに4ヶ月・再開館までに7ヶ月(幾つかの施設は現在も修理工事中)そして、今年1月から音楽事業が一部再開しました。街の文化,人々の交流,心……目に見えないものを「復興」させる為に、新たな1歩です。」

香織さん、この新しい一歩は、必ず大きな一歩になります!!

 

最後に、

日本のオルガン界には、オルガニストとしてご活躍されている方がたがメンバーの日本オルガニスト協会と、オルガンに

かかわるお仕事をされている方や、オルガン愛好家も入会できる日本オルガン研究会という2つの団体があります。

今春は、2つの団体が連携して、被災地に赴き、仙台でオルガンコンサート、新卒業生の「新人演奏会」、被災地訪問、オルガン被災調査報告などが2日間にわたって開催されることをご紹介させていただきます。日本のオルガニスト、オルガン関係者が

東北に集います!!復興への長い道のりの中で、みんなの力がつながり大きな力となり続けますように願います。

3.「東北へ行こう!2012」

下記、2つの演奏会は、どなたでも入場できます。

4月29日(日) 14時       オルガン演奏会(入場無料。席数120限定)

演奏者:ジャン=フィリップ・メルカールト

場所: 日本キリスト教会 仙台黒松教会

仙台市泉区黒松3-6-14

4月30日(月)  15時      第39回日本オルガニスト協会 新人演奏会

演奏: オルガン専攻新卒業生

場所: 東北学院大学 泉キャンパス礼拝堂

仙台市泉区天神沢2-1-1

新人演奏会は、毎春、大学でオルガン専攻した新卒業生が各大学から集まり演奏するので、とても興味深い演奏会です。

若々しい演奏家の卵たちのデビュタントでもあります。

 

 


コメントはまだありません to “WebマガジンVol.4号  みんなの思いは東北へ。つながれオルガンの輪!!”

Leave a Reply

(required)

(required)


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.