ホーム » オルガンコンサート, コンサート, 高橋博子 » オルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」  9/4(水)

オルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」  9/4(水)

9月最初にある、すてきなリサイタルのご案内です。

新宿文化センターの専属オルガニストである高橋博子さんが、9月4日にオルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」というオルガンリサイタルを開催します。

これは今年の1月に開催された「ウ゛ィドール&ウ゛ィエルヌ 二人のオルガン交響曲の競演~浪漫派物語」

に続くリサイタルです。今回は、浪漫派フランスオルガン音楽を代表するオルガニストであり作曲家である

ルイ・ヴィエルヌの作品だけを演奏するという、フランスの浪漫派オルガン音楽ファンには、たまらないプログラムです。

日時:      9/4(水) 19時開演(18時半開場)

場所:      新宿文化センター大ホール

チケット料金:  一般\2000円、新宿区民\1500円(全自由席)

お問い合わせ:   0333501141(新宿文化センター)

曲目:       24の幻想的小品集より 「アンダンティーノ」「大聖堂」「朝の歌」「水の精」「月の光」「亡霊」ほか

オルガン交響曲 第3番

詳細は、新宿文化センターHPをご参照ください。  http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=47895

ヴィエルヌは、セザール・フランクやヴィドールという師匠に恵まれ、即興演奏の才能も高くいろいろな困難をのりこえノートル・ダム大聖堂のオルガニストとして長年活躍しました。生涯の最後も演奏中に迎え(オルガニストの理想!?)、足鍵盤の1つの音だけが聖堂内に響いていたという有名なエピソードもあります。

幻想的小品集には、とても美しい曲がたくさんありますが、英国のWestminster(英国国会議事堂)にある時計塔(ビッグベン)のチャイムのメロディをモチーフとしたウェストミンスターの鐘(Carillon de Westminster)というオルガン曲があります。日本人であれば、全国の小学校の放送チャイムでおなじみの「キンコンカンコン」がモティーフになっています。またヴィエルヌの「月の光」は、ドビュッシーの「月の光」と並んで、幻想的で美しい曲なので、今年の秋は、名月を眺めながら聴いていただきたいです。そしてオーケストラにも負けない壮大なオルガン交響曲を、今から楽しみにしています。がんばれ、高橋博子さん。応援しています!!

9月4日は、まだ残暑が厳しいころかもしれませんが、是非、みなさまお誘いわせの上、お出かけください。

 

 

 

 

 

 

http://www.regasu-shinjuku.or.jp/?p=47895


コメントはまだありません to “オルガンリサイタル浪漫派物語Vol.2 「ノートル・ダムのヴィエルヌ」  9/4(水)”

Leave a Reply

(required)

(required)


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.