ホーム » オルガンコンサート, コンサート » チャリティオルガンコンサートのご案内 (7/16, 東日本大震災被災地復興支援)

チャリティオルガンコンサートのご案内 (7/16, 東日本大震災被災地復興支援)

オルガニストでありながら、聖ヨハネホスピスで音楽療法士としてもご活躍されている

米沢陽子先生から嬉しいコンサートのご案内をいただきました。

海の日の午後のひととき、宮城県の海を思いながら、歌とオルガンを楽しまれませんか。

 

***************

 

東日本大震災被災地復興支援オルガンチャリティコンサート

 

日時:2012年7月16日(月・海の日)15時開演(14時30分開場)

 

会場:カトリック聖アンセルモ目黒教会(目黒駅より徒歩3分)

 

入場料:2000円(全席自由)

 

出演:米沢陽子(オルガン)

   Coro Ahirunorgano(合唱指揮:新見準平)

 

J.S.バッハ『クラヴィーア練習曲集第3巻』より

J.H.シャイン『カンツィオナール』より

 

米澤先生からコメントをいただいております。

「このたび久しぶりの自主企画のオルガン演奏会を、東日本大震災被災地復興支援

チャリティコンサートとして開催する運びとなりました。

(チラシのリンク)

http://www.ops.dti.ne.jp/hosp/wk/7-16-omote.jpg

http://www.ops.dti.ne.jp/hosp/wk/7-16-ura.jpg

 

今回はJ.S.バッハの『クラヴィーア練習曲集第3巻』を取り上げます。前奏曲、ミサ

(キリエとグローリア)、大教理問答、小教理問答、デュエット、フーガ、合計27曲か

ら成るこの大規模な作品集は、バッハ自身の信仰宣言とも言える非常に神学的にも内容

の深いものです。この中から、前奏曲、10のコラール、フーガを今回は取り上げます。

これらの作品はいずれもドイツ語コラールに基づいて作曲されておりますので、今回は

このコンサートのために特別に結成された合唱隊により、オルガン演奏に先立って、コ

ラールが歌われます。歌われるコラールは、バッハより約100年前に中部ドイツで活躍

したJ.H.シャイン(1586-1630)編纂の『カンツィオナール』というコラール合唱曲集

所収のものです。シャインの作品では『イスラエルの泉』がよく知られておりますが、

『カンツィオナール』が取り上げられる機会は少ないでしょう。 

 

なお、コンサートの収益金は「びっきこども基金」と、カトリック塩釜教会を通し

て、被災地支援に役立てられます。

(寄付先の詳細につきましては、チラシをご参照ください)

ご多用中、まことに恐縮ではございますが、響きの豊かな教会で、オルガンと合唱の

調べをお楽しみいただき、大変幸いに存じます。

天候不順の折り、どうぞご自愛ください。

米沢(鏑木)陽子」


コメントはまだありません to “チャリティオルガンコンサートのご案内 (7/16, 東日本大震災被災地復興支援)”

Leave a Reply

(required)

(required)


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.