ホーム » オルガンコンサート » 2011年, 香取 智子 » オルガンは踊る Dance Dance Dance in 秋田

オルガンは踊る Dance Dance Dance in 秋田

秋田アトリオンホールで、11月22日(火曜日)19時より、舞踊と音楽に焦点をあてたコンサート<オルガンは踊る Dance Dance Dance>が開催されます。

1日ごとに深まる秋の夜に、オルガンと舞踊を一緒に楽しまれるのはいかがでしょうか?

日時:11月22日(火曜日) 19時より

出演: 香取智子, 小松真由美、田代友美、柏屋千秋、連弾(飯塚美奈、佐々木尚子)
村泉舞踊団

曲目:ラフマニノフ 鐘、ギ・ボヴェ サラマンカ、J.アラン 3つの舞曲より喜び、チャイコフスキー くるみ割り人 形より、バッハ パッサカリアetc.

下記、コンサートを企画、公演されるオルガニストの香取 智子氏からのコメントです。

「モダンバレーの川村泉舞踊団とのコラボレーション、踊りにかかわるさまざまな曲、

舞曲に連なるオルガンのオリジナル曲をお聴きいただきます。秋田はモダンバレーの

盛んなところ。川村泉さんもそんな伝統の中で活躍するおひとり。コラボはバッハの

小フーガとコラール編曲2曲です。やはりバッハはすべての人々の心を捕えるようですね。

そして、チャイコフスキーの、<くるみ割り人形>や浅田真央さんが氷上で舞った

ラフマニノフの<鐘>。J.アランやギ・ボヴェといった現代の作曲家の手になる

ユニークなオルガン作品も。最後は有名なバッハのパッサカリア。

パッサカリアは、もともとは踊りでした。<踊り>という芸術の原点に思いを馳せながら、さまざまな曲を

お楽しみいただければ幸いです。」

また、香取智子氏のブログ「オルガンマンが行く|音楽のソムリエ」http://19255985.at.webry.info/にも

コンサートについて掲載されていますので、併せてお楽しみください。


コメントはまだありません to “オルガンは踊る Dance Dance Dance in 秋田”

Leave a Reply

(required)

(required)


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.