ホーム » オルガンコンサート, コンサート, 森 亮子 » 「ようこそバッハの世界へ(2台のオルガンと歌でつづるバッハ物語)」

「ようこそバッハの世界へ(2台のオルガンと歌でつづるバッハ物語)」

千葉県習志野市にある習志野文化ホールで、聖徳大学音楽部オルガン科の松居直美教授と勝山雅世講師、オルガン門下生の森亮子さん、ソプラノ歌手の紺野さくらさん(聖徳大学大学院博士後期課程修了)が、歌とオルガンでつづる物語形式のすてきなコンサートを下記のとおり開催されます。

日時: 2012年7月14日(土曜日) 14時開演(13時半開場)

出演: 松居直美、勝山雅世、森 亮子(オルガン)

紺野さくら( ソプラノ&ナレーター)

入場券(全自由席) 1500円

詳細は、http://www.tokyo-concerts.co.jp/index.cfm?lang=jp&menu=concertsdetail&id=180

をご参照ください。

 

夏休み前のひととき、バッハの豊かな世界を親子で楽しめるプログラムになっております。

習志野文化ホールには、1978年にベッケラ―ト社製のパイプオルガン(3段手鍵盤、49ストップ)が設置されて以来、

国内外の著名なオルガニストがコンサートを開催されています。

千葉県内ホールで唯一、パイプオルガンを所有している習志野文化ホールで、日本を代表するオルガニストでいらっしゃる

松居直美教授の演奏を生で聴ける絶好の機会です。

是非、お近くの方は、皆さまお誘いあわせの上、お出かけになってはいかがでしょうか?

 

今回、主催される松居教授からコンサートについてのコメントをいただきました。

「夏の午後に習志野文化センターでオルガンの響きを楽しみませんか?

バッハの名曲を2台のオルガンとソプラノでお聴きいただきます。

大きなオルガンと、小さなオルガンのアンサンブルや、ソプラノの

素敵な歌声、ちょっとしたサプライズもご用意しています。ぜひ、いらしてください!」


コメントはまだありません to “「ようこそバッハの世界へ(2台のオルガンと歌でつづるバッハ物語)」”

Leave a Reply

(required)

(required)


This blog is kept spam free by WP-SpamFree.

Powered by WordPress The Aesthete theme is customized by Michiyo.